転職サイトを活用する方法

転職サイトを活用して転職を成功させた人間が送る転職サイト活用術!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

転職サイトを種類を見極める

転職を考え、転職と検索する人は沢山いるかと思いますが

「転職サイト」や「転職」と検索しても物凄い数の検索結果が出てきてしまい、正直どの転職サイトがいいのかわからず、結局上位結果で表示されている転職サイトのみに訪問、登録をするというようなことはないでしょうか?

最近では転職サイトは100サイトくらいあり、世の中には転職サイトが溢れています。

今日はその山のようにある転職サイトの中から自分にぴったりの転職サイトを見つけ情報収集するにはどうすればよいのか?ということを説明していきたいと思います。


【その1】大手転職サイト
大手転職サイトは、転職に関する総合的な情報が手に入ります。そのためそのようなサイトを転職の際に抑えておくのはかなり有効だと思います。

サイト名
リクナビ、エンジャパン、マイナビ、イーキャリア、@type、DODA

【その2】特化型サイト
最近増えてきたのが特化型サイトです。特化型サイトは業界や、職種、年齢、性別など就業によって特徴の出る分野により分かれています。こういったサイトでは特化した状況がよく書かれており、専門職などの方にはお勧めと言えるでしょう。

サイト名
find job!、女の転職、イーキャリアプラス

【その3】人材紹介会社(転職支援会社)
人材紹介会社は転職のスペシャリストで、あなたの転職の相談に乗り、転職先企業を紹介し、面接の日程設定や年収交渉などを行います。転職をする際には一度相談にのってもらうことをお勧めします。

サイト名
リクルートエージェント、パソナキャリア、インテリジェンス、JACジャパ

【その4】ハローワークインターネットサービス
国の運営する職業紹介所です。ハローワークはあなたのキャリアにマッチした仕事情報を紹介し、転職をサポートしています。

サイト名
ハローワークインターネットサービス

【その5】転職ポータルサイト
あらゆる転職サイトの情報を一括で比較検索できる転職サイトのポータルサイトです。代表的なものにはマイサーチやインディビジョンなどがあり、求人情報数が40万件近くあるものもあります。

サイト名
マイサーチ、indivision、転職ex、楽天仕事情報


これらのように転職サイトをよく見極めてから転職活動をすることをお勧めします。
例えば「転職」のような抽象的なキーワードで検索するのではなく「IT業界 転職」などのようにより細かいキーワードで検索をしてみてください。
そうすれば、あなたにぴったりの転職サイトを発見することができるでしょう。




PR:転職サイトはマイサーチ
PR:経営コンサルタントの求人はマイサーチ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。